ピルを飲むと太る?低用量ピルのいくつかの疑問

ピルを飲むと太るのではないかと不安なので、使うのをためらっているという方も多いのではないでしょうか。

実際にピルを使用した人の感想や口コミをみると、食欲が増した、体重が増えたという声があるのは事実です。しかし一方で、体重は変わらない、食欲がなくなったという感想も見られ、服用する人によって個人差があることが伺えます。

こうしたことの背景として、ピルを服用することにより、食欲が増したり、逆に食欲がなくなってしまうことがあげられます。

ピルを服用した際に、人によっては食欲が増してしまう可能性があるとされていますので、たくさん食べて太ってしまうということも考えられます。また、ピルはホルモンのバランスを調整する薬ですが、薬の成分に含まれているエストロゲンの働きにより、体に水分が溜まりやすくなるとされています。こうしたことも、体重が増えやすいといわれる間接的な要因となっていると考えられます。

その一方で、ピルの作用については、中・高用量以外の、低用量ピルを使用する場合には、それほど太らないので、心配する必要はないとされています。低用量ピルの場合には、卵胞ホルモン剤の量が低く抑えられていますので、その分、太る恐れも少なくなります。

太るのが心配でピルを使うのが怖いと感じる場合には、医師に相談して、低用量ピルを試してみてはいかがでしょう。

飲み忘れたらすぐに妊娠するかの疑問

低用量ピルを使うことによって、望まない妊娠を避けることができるメリットがあります。また、月経困難症などの疾患がある場合には、治療にも有効ですので、服用することによるメリットは大きいと考えられます。

ピルを服用する際には、服用前から体重の記録を付けておき、飲み始めてからも毎日体重を記録するのがおすすめです。体重の変化がなければ安心ですし、増加していくようであれば、医師に対処法について相談してみてはいかがでしょう。

ピルは、毎日飲み忘れずに服用することで効果を発揮しますので、飲み始めたら、忘れないように工夫する習慣を身につけることが大切です。飲み忘れたらすぐに妊娠してしまうか心配ですが、すぐに妊娠ということはありません。飲み忘れた量(日数)で対処法は違ってきますが、きちんと対応し、その間の性交渉では避妊具をつけることをおすすめします。

感染症などもピルで防げるかの疑問

避妊以外で感染症などもピルで防げるかという疑問もあります。

ピルを服用しても性交渉の際に感染症に感染するリスクは、防ぐことはできません。感染症を防ぐための対処法としては、必ずコンドームを使用することが確実な方法となります。自分の体を確実に守るためにパートナーにも協力してもらい、いくつかの手段を組み合わせるのがおすすめです。