避妊薬と言われる低用量ピルの避妊できる仕組みとは?

避妊薬と言われる低用量ピルの避妊できる仕組みを理解することで、安心してお薬を使った避妊をすることができます。

ピルの服用中は妊娠中と同様に排卵しない状態ですので、避妊効果を発揮して妊娠をすることはほとんどありません。

低用量ピルは体内のホルモンをコントロール

低用量ピルの避妊の仕組みとしましては、排卵の抑制を置こうことで体内のコントロールをすることができます。

まず女性の卵管へ沢山の精子が入り、卵管で卵子を精子が取り囲んでその中の1つの精子だけが卵子の中に入ります。そこで上手く受精して子宮内膜に着床することで妊娠となります。ここで簡単に言えば卵子と精子が出会わなければ妊娠はしないということです。

ピルを毎日服用することで、配合されているプロゲストーゲンやエストロゲンなど女性ホルモンの血液中の濃度が上昇をすることになります。濃度が上がったことで女性ホルモンがあると勘違いを起こし、脳の排卵中枢である視床下部に対して抑制をかけることになります。そこで黄体化ホルモンや卵胞刺激ホルモンなどの分泌もセーブされて、こうした仕組みによって排卵を抑制することができます。

妊娠中や低用量ピルによって妊娠中と勘違いしたことで排卵しなくなることが避妊に繋がる理由です。

低用量ピルは精子の侵入を妨げる効果

他にも頚管(けいかん)粘液の性状をピルの成分によって変化させて、精子が入れないようにしてくれます。

子宮の入り口には頚管粘液が存在をしています。それは必要なものでありさまざまな感染防御をバリアで守る作用を行います。ピルを飲むことによって頚管粘液の量は減少し粘着性になりますので、子宮内に精子が侵入をしにくい環境に変わります。

子宮の運動の変化で受精を防ぐ効果

卵管と子宮運動性を必要に応じて変化させることにもなります。

毎日の習慣としてピルを服用し続けることになりますと、やがて卵管と子宮運動性が変化していきます。この変化によって、精子と卵子との輸送に関し影響がありますので、これを持って受精しにくくなります。

低用量ピルはしっかり効果を発揮

こうした働きを行うことで、女性側の避妊効果をもたらすことになります。

確実な避妊効果を期待するためにも、望まない妊娠の予防対策として、低用量ピルは女性たちのデリケートな体を守ることになります。それには飲み忘れることなく、なるべく決められた時間に間違いなく服用することです。2、3日くらい飲まなくても…なんてことではいけません。守ることによってしっかりと効果が出てくる医薬品です。