避妊に有効な低用量ピル・トリキュラーとは?

トリキュラー

経口避妊薬として現代主流になっているのは、低用量ピルです。
低用量ピルの服用期間は、1つのサイクルが28日間になります。

3相性タイプの低用量ピルの場合だと、ホルモン量は3段階となります。この時のホルモン量の変化としては、利用をする製品によって変わってきます。

低用量ピルは3相性タイプ

トリキュラーは3相性タイプの低用量ピルとしても、代表的なピルの1つになります。
漸増型の3相性タイプであり、3段階にわけて体内の黄体ホルモンの量が増えることになり、不正出血圧力に対抗させて、服用中にも不正出血は起こしにくいです。

休薬期間はプラセボや偽薬期間ですが、そのときに消退出血でみかけの月経を起こします。

ピルには女性ホルモンが含まれており、経口避妊薬とも言われています。
種類がありますから、自分にあったタイプを選んで使用をしていくことができます。

トリキュラーは副作用が少ない低用量ピル

トリキュラーは他のホルモン剤と比べてみても、服用をしての副作用は比較的少なく、低用量ということもあって安心感も持ちやすいです。
とは言え医薬品ですから、飲み始めは体が慣れるまで少しの間は不調を感じることもあります。

頭痛

医薬品を飲み始めて感じやすいのは、軽い頭痛の症状で、この症状は軽いのでそのまま継続をして服用をすることができます。
服用していくうちに体内のホルモンバランスは整い、いつの間にか頭痛も消えていきます。

吐き気

頭痛と同じように感じやすいのは、吐き気の症状です。
生理の時やつわりの時みたいに吐き気を感じることがありまが、数日もすると吐き気も感じなくなてきます。

その他の副作用

その他には乳房の張りがあったり痛みが出る場合、不正出血が生じる場合などがあります。
こちらもしばらくすると体が慣れてきますので、解消されていきます。

妊娠を希望するなら服用を止めるだけ

トリキュラーは正しい服用をすることで、避妊の効果を発揮します。

妊娠をしたいと思ったら、ピルの服用を止めることで体は妊娠の準備に入っていくことができます。

生理不順の人などは、先のスケジュールを立てるのにも気を使います。ですがピルを使用することで、月経の周期は一定のサイクルに変わりますから、毎月のスケジュールも立てやすくなり、現代の働く女性も増えた社会では、ライフスタイルにもプラスの影響を与える医薬品です。

毎月の生理痛がきつい女性は少なくはないですが、その痛みを少しでも軽減したい時にも、ピルは役に立ちます。ピルを服用するようになると、激しい生理の痛みはだいぶ軽減されていきます。

生理の時の経血の量も、今までよりも少なくなって、毎月の月経も比較的軽くなります。

トリキュラーは、21錠のタイプと28錠のタイプがあり、初心者には飲み忘れを防ぐために、28錠が利用しやすいでしょう。

ピルの効果や副作用など
ピルの情報が満載です
ピルの特徴や飲み方を知って
低用量ピルを通販しよう